罫線

楽な私 が ほんとの私。

HOME > 楽な私 が ほんとの私。

楽な私がほんとの私

自分自身が、心身共に楽な状態であるということ。
そのことが、何より大切なこと。

リコネクション に出会って、リコネクティブヒーリングという存在の状態を知り、
それらを通じて人生を経験していくうちに、
心身共に楽な状態(楽な私)でいることの大事さを、より深く理解するようになりました。

楽な私
は、いろいろないことばに言いかえることができます。
リコネクティブヒーリング状態
頬に優しい風
耳に心地いい音
夜空の星々
道に咲く花々
自分自身として存在することで、自分も周りをも寛がせる存在。
そして、そういう状態でいる自分が、ほんとの自分。

ほんとの自分を、忘れたままで、一生を終えるひとがいます。
この世界が複雑になってしまったからなのか、自分自身のことも複雑にしてしまっているのかもしれない。
でも、ほんとの自分は、すごくシンプルです。
また、楽をしてはいけない という思い込みもあることで、
楽な私 という状態を誤解しているかも知れません。

自分にとっての楽な状態が本物(風や星、花々や音楽に置き換えられるような状態)なら、自分以外の全員も、ほんとの私という楽な状態に整っていくはず。
もしそうならなかったなら、楽にしている と思い込んでいるだけなのかもしれないのです。

この地球に産まれた理由は、本来の自分をもう一度深く深く理解するため。
宝探しゲームの旅のように、色々な経験をして、色々なことに気がついて、
そして、自分の外側に自分の内側をみて、本来の自分自身を知っていく旅。

本来の自分自身は、楽な私 という存在であり、
自分自身がそうであれば、自分以外の全ても同じように 楽な私 を思い出していく。
だから、自分自身が、楽な私 として存在し続けることは、
なにより大切なことなんだと思うのです。 ―

私にとっては、
リコネクティブヒーリングを理解することで、
楽な私を思い出し続けられる自分へと近づいていきました。
ことばを変えれば、
過去の出来事による制限や、未来への恐れ、思い込みから、出来事を判断しない時間が増えました。そうなると、いつでも寛いでいられます。心身が楽なのです。

ほんとの私 としての気づきをたとえ忘れたとしても、忘れていたことに気がつけるようになり、気がついたら、また、ほんとの私として生活しています。
リコネクティブヒーリングをより深く、理解すればするほど、
どんな私も判断する必要がなくなり、自分自身が自由になってきました。
楽な私 は、 自由な私 ともいえますね。

だから、
楽な私がほんとの私。だったらいいなと思います。

罫線